高宮研究室
高宮研究室
本文へジャンプ 東京大学 

高宮研究室のご紹介

 2005年4月に高宮研究室が発足いたしました。
高宮研究室は、新しい多種多様な機能をLSIに搭載することにより、新たな半導体の応用先を開拓することを目指します。
特に、ユビキタスIT社会に向けたワイヤレス通信LSIに注目して研究を行っています。
桜井研究室と緊密に協力しながら運営しております。

ご挨拶


高宮 真 准教授

 半導体メーカでの5年間の勤務を経て、2005年4月に東京大学に着任いたしました。
専門は半導体集積回路(LSI)の回路設計でございます。

 今、LSI技術は変曲点をむかえております。技術面では、LSIの大規模化や高速化に限界が見え始めております。
また、市場面では、コンピュータや携帯電話のような従来のIT機器以外のアプリケーションを開拓することが求められております。そこで、従来技術の延長線上にはない新しい機能を実現するLSI技術を、産学連携を通じて創出していきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。